読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby on Rails を導入して成功するには

Ruby

一緒にお仕事してる、ジュンヤさんの僕が Ruby on Rails を絶賛する理由 に触発されて、Ruby on Rails に付いて書いてみました。

まずジュンヤさんに習って、私の立場(ポジションを) :



以前ある会社向に、Ruby on Rails を導入しようかと思っていた時がありました。最初は拒否反応がありましたが、プロトタイプを Ruby on Rails で作って見せると、その開発時間の短さ完成度の高さから、Ruby on Rails 導入に少し傾いてきました。

しかし、そこで考えたのです。この会社に Ruby on Rails を導入して成功するだろうか? その会社のエンジニア達は幸せになれるのだろうか?
その会社は、SIerを中心に良くあるような、保守的で新しいものを進んで勉強しようという「文化」がない会社でした。

その時に作った Ruby on Rails の導入に付いての資料を公開しておきます。スライドPDF

ややRailsにネガチブなイメージを受けるかも知れませんが、私個人は RubyRuby on Rails も大好きです :-)


結論に書いたように、現在の時点で Ruby on Rails を導入し成功するには、
以下のような「文化」を持っている必要があると思います。

  • 進んで技術を勉強する。
  • 英文のドキュメントでも読む。
  • (判らない部分は、)ソースコードを読む。
  • 自分の習得したのものを公開/共有する (Blog、Wiki)。
  • コミニュティに積極的に参加する。
  • プログラミングを愛している。

これは、 Ruby on Rails だからという事ではなく、昔は JavaStruts でもそうであったと思います。
現時点では、Ruby on Rails を導入したら簡単に 生産性が上がるわけではありません、そのためには積極的に勉強して行くという「姿勢」、「文化」が必要だと思います。