読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unitテストを過信してはいけない

ソフトウェア開発

最近、プロダクトのコードには絶対unitテストを書いているので、変更の悪影響を防ぐ事や、開発時間の短縮にかなり効果が出ています。

しかし、ややunitテストを過信してしまい、実際のアプリでの確認をややおろそかにしてしまう事があり、もう少しちゃんと確認しておけば発見できそうなバグが後から見つかる事がありました。

テストケースの抜けが原因です。「unitテストは開発者の為のテストであり、品質向上の為のテストではない」ということを忘れてはいけないですね。


ただし、アプリで発見されたバグをunitテストに組み込む事で同じ問題の発生を防げる事は、unitテストの強みですね。