読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっと port で git がインストールできた

Mac

最近 Rails周辺では、コードの管理が Subversion から git に移行しているので、git に対応しないわけには行きません。


http://git.or.cz/git-logo.png


だいぶ前に、 port で git をインストールしようとしたのですが依存ライブラリーの p5-error のインストール時にエラーになってしまいインストールできませんでした。しかたないので、port は諦め git のソースをダウンロードしコンパイルして /usr/local/bin にインストールして使っていました。

ここに来て、やはり社内で管理しているコードやドキュメントも git で管理したくなりました。分散レポジトリーというのも魅力ですが、Keynote のデータ管理が Subversionでは上手く出来ないのが git にすれば問題ないというのが大きな理由です。
Keynoteはデータがデイレクトリー構造になっていて、変更するとSubversionの管理情報のある .svn ディレクトリーが消されてしまうので、そのままの形では管理できず.zip ファイルにしてSubversion に登録していました。



git は Subversion で管理しているコード等を git-svn clone http://.... で取り込めるのですが、 git-svn を使うには Perl の Subersion I/F が必要で、そのインストールを試みたのですが上手くいきませんでした・・・ ^^);

昨日、ふと p5-error(Perlのモジュール)がインストールできなののは port でインストールした Perl に問題があるのかも?と思い sudo port upgrade perlperl をバージョンアップしてみたところ、p5-error はインストール出来るようになりました。


しかし、また p5-svn-simpleのインストールで失敗してしまいます・・・・ ^^;
しかし、これは 検索したら出てきました。 「subversion-perlbindingsをアンインストールしてインストールし直したら上手く行った」と書かれてました(英語ですが)。試してみると本当に上手く行きました ^^)/


port は依存関係のあるモジュールをインストールしたり更新してくれるのですが、必ずしもこの依存関係の情報は完璧ではないのかもしれませんね。