読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本Ruby会議2009 ありがとう!

Ruby イベント

いやぁ〜 つかれた! ただ参加しただけなに凄くエネルギーを消費しました。

でも、たくさんのエネルギーを心に充電させてもらいました。


トーカーのみなさん、スタッフのみなさま、本当にありがとうございます!


http://rubykaigi.org/images/goodies/badges/attendee.gif

RubyKaigiRuby言語好きのお祭りというレベルを超えた、何か に向かっているのではないでしょうか。

2007年のDave Thomasさんや今年の 角谷さん、そして高橋さん (ただし訓練されていないRubyistの私には真意が理解できていません) のセッションがそれを象徴しているのかもしれません。

もちろんそれは、Matzの思想(=Ruby)に根ざしています。角谷さんの話の中に出てきた Matz is nice, so we are nice という言葉を久しぶりに聞いてはっとしました。

Rubyというプログラミング言語を中心に、ソフトウェア開発者たちの集まりの中から 何か 新しいものが生まれて来ようとしているのでは? と


そんな凄い瞬間に触れているのかもしれない・・・・ と思うのです。

____

今年もRejectKaigiに参加しました ^^)/

EY-Officeの宣伝みたいな内容ですいませでした m(_ _)m
スライド


でも、最後に言ったように 来年こそは スポンサーになれるようにビジネスがんばります!

私がRubyコミニュティーに出来る事は、教育ビジネスを通じ、Rubyを「まっとう」に 使える技術者を増やす事、ビジネスで得た収益の幾ばくかをコミニュティーに戻せることなので。