読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4Gbpsを超えるWebサービス構築術

サービスよりの情報がまとまって読めるは本当に素晴らしいです!

自分の作ったサービスが流行ってきて、アクセス過多で困ってるような人。仕事で作っているサービスが将来は大きくなる予定の方など(^^) は必読だと思います。


4Gbpsを超えるWebサービス構築術

4Gbpsを超えるWebサービス構築術


最初の「Webサービスの概要と要素技術」はWebサービスに慣れている人には不要かと思いますが、Webサービスに不慣れな方には良いイントロだと思います、そして問題提起に成っているのが良いですね。


その後、キャッシングではなく、仕組み的にレスポンスを改善する「キューイング」で始まるのが新鮮でした。Webフレームワークでちょいちょいとサービスを作ってしまうと、どうしても同期処理になってしまいますが、いろいろと難しさのあるキャッシングよりキューイングで非同期処理できるようにする事は重要なのかも知れませんね。


DBキャッシング、HTMLキャッシングに付いては雑誌等には良く登場する話題ですが分かり易く書かれているのと、Livedoorで実際に使われている事が書かれているのが素晴らしいですね。


検索サービスの技術も、雑誌やネットでは断片的にしか入手できない情報がまとまっているのが素晴らしいです。もし同じ検索エンジン(Lucene)を使う場合はとても参考になると思います。

入出力パフォーマンス、分散ストレージ、Webサービスの性能評価も実際に大規模なサービスを行っているからこそ書ける内容だと思います。


モバイルの技術、携帯サポートもまとまった情報がなかなか得られない分野ですが、Livedoorでの携帯サポートの基準が惜しみなく書かれています。どこまでサポートするかの線引きが難しい携帯ですが Livedoor というメジャーなネットサービスの基準を参考に出来るのは、これから携帯サポートをするサービス設計者にはたいへんありがたい事だと思います。


ネットワークを取り巻く技術は、私自身の知識不足で雰囲気しか判りませんでしたが、こういう世界が在ることを知れて嬉しかったです。



これだけの情報をオープンにしてくれた 著者の方々とLivedoor に感謝します。


なぜこれほどオープンに書かれているのかは、最後にある「監修者のことば」を読んで下さい。
ありがとうございます。