読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部ディスクにTimeMachineでバックアップしていた内容をサーバーマシンに移行するには

Mac

Mac mini を購入しました。今までMacbook ProのバックアップはUSB接続の外部ディスクにTimeMachieでバックアップしていたのですが、このMac mini のデスクにバックアップすることにしました。

早速、USBディスクをMac mini に繋いでバックアップをMac miniのディスクにコピー。Macbook Proからそのディスクをマウントして TimeMachineを起動してもTimeMachine のディスクとして認識してくれません。えぇー

そこから、ネットを検索、いろいろと試すこと半日! やっとわかりました。なんと、TimeMachineは外付けディスクと、ネットワーク上(越し)のストレージでは扱いが違うのです



外部ディスクにTimeMachieでバックアップしていたファイルは左のように通常のMac OSファイルシステムです






しかし、サーバーのディスクをマウントし作ったバックアップは左のように通常のファイルシステムとは違う sparse bundle disk image という特殊なファイルシステムが使われています。詳しくはここを読んで下さい

この . sparsebundle をダブルクリックすると、上のような通常のファイルシステムがマウントされ読み書きできます。



外部ディスクにTimeMachineでバックアップしていた内容をサーバーマシンに移行するには

やっと本題ですが、以下のような手順で出来ます。

  1. サーバー: 新しいTimeMachine用のディスク(ディレクトリー)を用意し共有する。
  2. MacBook: 1.で用意したディスクをマウント
  3. Macbook: TimeMachineの環境設定で2.でマウントしたディスクをバックアップディスクに指定
  4. Macbook: TimeMachineのバックアップを開始
  5. Macbook: TimeMachineの状態が準備中からプログレスバーが表示されバックアップが開始されたら 中断
  6. サーバー: 以前の外付けバックアップディスクをサーバーに接続、マウントされるのを確認
  7. サーバー: 1.で用意したディスク上に Macbookのホスト名.sparsebundle があるのでダブルクリックしマウントされるのを確認
  8. サーバー: ディスクユーティリティーを起動、下の画像のように外付けバックアップディスクを選択し復元タブを選択
  9. サーバー: 7.でマントされたディスクを 復元先: にドラッグし、復元ボタンを押す (復元には数時間かかります)
  10. サーバー: 復元が修了したら、外付けけバックアップディスクと、6.でマントされたディスクを取り出す
  11. Macbook: 1.で用意したディスクをマウント
  12. Macbook: TimeMachineの環境設定で2.でマウントしたディスクをバックアップディスクに指定
  13. Macbook: TimeMachineのバックアップを開始、外部ディスクとの差分がバックアップされます

注意点:

  • この手順が最適かどうかは判りませんが、TimeMachineが使えるようにはなりました
  • 13. の時点でバックアップ前に TimeMachineに入るを実行するとエラーになります。一度バックアップを取れば、その後は入れるようになります
  • 9.の復元は時間がかかります、私の環境では450Gのバックアップ復元で 7時間かかりました

今日の結論:バックアップ超重要