読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事でiPhoneのテザリングを使ってみた

iPhone

12月に行われたRuby on Railsの講習で、iPhone5 (au) のテザリングを使ってみました。


使い方

12月に3日間 x 4回のRuby on Rails講習を行い、ネット接続はテザリングだけで試してみました。

講習中に使うネット接続は

  1. 弊社のサポートサイト(redmineWiki)にある、補助教材へのアクセス
  2. Ruby, Ruby on Railsのドキュメント閲覧
  3. ライブラリーとして使うGitHubのアクセス
  4. DHHのRailsカンファレンスのビデオを短時間上映
  5. ScreenCastを短時間上映
  6. 自分のGmailチェック

などで、大量のアクセスはありませんが、接続出来ないと円滑な講習は出来ません。

結果

通信量

12月のネット通信量は 約 1.7Gbyte でした。 7Gbyte制限は余裕でした! ちなみに通信量には、講習以外のメール、facebook等の通信量も入っています。

接続状況

第2〜4週目は、窓際の会議室だったので、LTEで接続でき、ネット接続は、まったく問題ありませんでした。


しかし、第1週目は、ビル内側の会議室で、1〜2 時間くらいするとMacのネット接続が切れてしまいました ^^);
接続は 3G ですが、アンテナ5本立っていていました、iPhone 自身からのネット接続は快適に出来ましたが Macからは接続が切れていました。
ちなみに、MaciPhoneの接続はUSB接続を使いましたが、Wifiでも接続が切れました。

接続が切れてしまった時の対処ですが、「インターネット共有」(テザリング) を OFFにして再度ON にすると接続できるようなる事が分かったので、講習はなんとかなりました。

テザリングのON/OFFで再接続できるので、電波やハードの問題ではなくソフト(OS)の問題だと思います。OSのバージョンアップで直ってくれる事を期待します。