読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jekyllを1.5.1から2.3.0にアップデートした

私は会社のホームページや教育で使うテキストはJekyllを使って作っています。

最近ずっとアップデートしてなかったので、久しぶりにアップデートしてみました。使っていたのは 1.5.1 で現在の最新は 2.3.0 とメジャー・バージョンアップになるので少し不安でしたが、とくに問題なくアップデートできました。

Jekyll

アップデート手順

通常のRubyプログラムのアップデートと同じです。アップデートでJekillの生成するHTMLがおかしくなってないか確認するために現在の変換結果 _site/以下を保存しておき、アップデート後diffを見られるようにしたくらいです。

% mv _site _site.0     # 現バージョンの変換結果を保存
% mkdir _site
% bundle update      # Jekyllと関連するgemはbundleで管理しています (中身は jekyllとRedCloth)
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/........
Resolving dependencies...
Using RedCloth 4.2.9
Using blankslate 2.1.2.4
...
Installing redcarpet 3.1.2 (was 2.3.0)
Using safe_yaml 1.0.3 (was 1.0.1)
Using parslet 1.5.0
Using toml 0.1.1
Installing jekyll 2.3.0 (was 1.5.1)
Using bundler 1.6.2
Your bundle is updated!
% rbenv rehash
% jekyll -v
jekyll 2.3.0
% jekyll server --watch --port 4000  # Jekyllを起動すると幾つかのワーニングが
Configuration file: /Users/yy/Documents/jekyll-ey-office/_config.yml
       Deprecation: The 'pygments' configuration option has been renamed to 'highlighter'. Please update your config file accordingly. The allowed values are 'rouge', 'pygments' or null.
            Source: /Users/yy/Documents/jekyll-ey-office
       Destination: /Users/yy/Documents/jekyll-ey-office/_site
      Generating... 
     Build Warning: Layout 'nil' requested in atom.xml does not exist.
                    done.
 Auto-regeneration: enabled for '/Users/yy/Documents/jekyll-ey-office'
Configuration file: /Users/yy/Documents/jekyll-ey-office/_config.yml
       Deprecation: The 'pygments' configuration option has been renamed to 'highlighter'. Please update your config file accordingly. The allowed values are 'rouge', 'pygments' or null.
    Server address: http://0.0.0.0:4000/
  Server running... press ctrl-c to stop.
% 

ワーニングに対応

  • _config.yml これはワーニングメッセージにある通り修正
-pygments: false
+highlighter: :pygments
-layout: nil
+layout: null

レイアウト無しがの指定が nil から null に変更されたのですね (ナゼ^^;)

確認

RSSの作成日付が変わったのみで、生成されるHTMLはまったく同じでした!

% jekyll server --watch --port 4000
...
^c
% diff -r _site.0 _site
diff -r _site.0/atom.xml _site/atom.xml
7c7
<  <updated>2014-09-08T16:19:29+09:00</updated>
---
>  <updated>2014-09-08T17:32:18+09:00</updated>

独自の_plugin(マクロ)も使っていますが、問題ありませんでした。