読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気のiOS開発者は読むべき一冊「UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発」

入門書や入門講座などを終わり、これから本気でiOSアプリを作るぞ! と思っているいる人は買うべき一冊です。またiOSアプリを一つ二つ作った人も「なるほど!」と思うUIKitの知識が詰まっています。

内容はiOS7用に書かれているので iOS8で導入された機能やSwift言語には対応していませんが、ここに書かれている内容は iOS8でもほとんどが使えます。また SwiftiOSアプリを書く場合もUIKitは同じですから、ほんの少しの脳内コード変換で使えます。

電子書籍も買えるのが嬉しいですね (Kindle以外に PDFも 達人出版会から買えます)

この本の読み方

問題解決

最初から読む必要はありません。テーマー毎にチャプターになっていますので、興味のあるところ、今作っているアプリが思うように動かない時に関連しそうなチャプターを読むと良いと思います。

内容は、かなり細部まで書かれています。 特に自分の作っているアプリのUIが思っているように動作しない時や、他のアプリで実現されている機能がどうやったら実現できるのか判らない時には StackOverflow や Qiita のような回答そのものではなく、iOSの原理や設計思想などの基本部分に付いても学べます。

スキルアップ

ネット上の情報には偏りがあります。また、UIに付いての解説はたくさんの概念図やスクリーン画像、適切なサンプルコードが必要になるので日本語での良質な情報はネット上には少ないと思います。

本書のような本を読むことは、自分の中で欠けている知識の補足になりますし、あらためてiOSの原理や設計思想などの基本部分を学ぶ事で開発力を高める事ができます。

また、分かりにくい Text Kit や UITableView、UICollectionView の高度な使い方も解説されています。