読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Herokuへのデプロイのデモで失敗しないための手順

サーバー管理

先日の セミナーの中で Heroku を使えば Ruby on Rails アプリの公開(デプロイ)は超簡単! という話しをしデモを行ったのですが、見事に失敗してしまいました ^^;

2度と失敗しないように記事を書きました。


失敗する手順

1. セミナー等でデモを行う場合は事前に練習!!

と言うことで以下の手順で無事にデプロイ出来る事を確認

$ heroku create
$ git push heroku master
$ heroku run rake db:migrate
$ heroku open
2. heroku の dashboard でアプリを削除

上の画像のような dashboard で練習で作ったアプリを削除

3. セミナー本番

1. と同じ手順でデプロイを実行すると・・・・

$ heroku create
$ git push heroku master

 !  No such app as xxxx-yyyy-9999.

なんと、エラー! 何度かリトライする内に原因が判ったのですが、焦っていたので失敗し、時間切れでデモは中止 (v_v)

失敗しない手順 (1)

1. セミナー等でデモを行う場合は事前に練習!!

と言うことで以下の手順で無事にデプロイ出来る事を確認

$ heroku create
$ git push heroku master
$ heroku run rake db:migrate
$ heroku open
2. heroku コマンド でアプリを削除
$ heroku list
=== My Apps
xxxx-zzzzz-2222    ← アプリのID. destroyコマンドで指定
$ heroku destroy  xxxx-zzzzz-2222
 !    WARNING: Potentially Destructive Action
   ...
> xxxx-zzzzz-2222  ← アプリのID を再入力
3. セミナー本番

1. と同じ手順でデプロイを実行すれば 成功!

失敗しない手順 (2)

1. セミナー等でデモを行う場合は事前に練習!!

と言うことで以下の手順で無事にデプロイ出来る事を確認

$ heroku create
$ git push heroku master
$ heroku run rake db:migrate
$ heroku open
2. heroku のdashboard でアプリを削除

上の画像のような dashboard で練習で作ったアプリを削除、そして以下のgitコマンドを実行。

$ git remote remove heroku
3. セミナー本番

1. と同じ手順でデプロイを実行すれば 成功!

失敗した理由

失敗しない手順 (2) で判ると思いますが、heroku create コマンドは .git/config に heroku というリモートリポジトリーを設定するのですが、既にある場合は変更しません。
失敗した手順では git push heroku master を行った時点でアプリが無いのでエラーになったわけです。
したがって herokuコマンドでアプリを削除(コマンドはリモートリポジトリーの設定を削除してくれます)するか git コマンドで heroku リモートリポジトリーを削除すれば OK です。