読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山口小夜子の映画「氷の花火」を見た個人的な記憶

めずらしく、技術的ではないことを書きました。

山口小夜子」覚えてますか? 知ってますか? ファッションとは全く無縁な私がこんなことを書くのは恥ずかしいのですが、若いころ山口小夜子は憧れの人でした。

f:id:yuum3:20151103094057j:plain

先週の土曜日に、映画 「氷の花火」 を見て気まました。映画は山口小夜子の遺品の整理風景から始まり、彼女と一緒に仕事をした人たちへのインタビューから彼女の一生を描き、最後に現在のモデルを使い山口小夜子を再現するというプロジェクトという内容でファンとしてはとても見応えのある内容でした。

幾つかのメモ:

  • 山口小夜子といえば黒髪のおかっぱに切れ長の目ですが、実はくっくりとした目で切れ長はメークで作っていた!
  • 昔、デーモニッシュな資生堂のCMで知った セルジュルタンス のモロッコ・マラケシュの邸宅でのインタビューや小夜子と映った昔の画とは妄想が膨らむ収穫だった
  • 資生堂で小夜子の出たCMを作った方々へのインタビューを見ると、かなりアーティスティックなCMを作れる、それを認めてくれる経営者のいた経済成長中の日本があったんだなぁ〜 というノスタルジー
  • 遺品の整理シーンに出てきた蔵書。コクトー寺山修司タルコフスキー世阿弥・・・私も持っていたものが多い、彼女の書いた本を読んだりして影響を受けていたんだろうな

彼女は軽薄な女よ:

私が若い頃、不思議な画廊のマダムと友達になり、画廊にも出入りしたり、マダムと食事に行ったり、お芝居に行ったり・・・そんな中で私が山口小夜子のファンだと言うと、「彼女は軽薄な女よ・・・・」と答えたことはずっと記憶に残っていました。マダムは芸術家の芸術にせっする態度のには厳しい哲学を持った人でした、当然ながらたくさんの美術、お芝居、それらに関係するパーティーの中で暮らしている方でした。

山口小夜子はファッションモデルとして世界一の座を射止めた人です、高田賢三が「かぐや姫が降りてきたという感じ・・・」とインタビューの中で語っていましたが、たしかにランウェイの彼女には神がった美しさがありました。

しかし、トップモデルをずっと続けることはできません。モデルを辞めた後の彼女は、舞踏、お芝居、若い芸術家とのコラボなど、いろいろなものに取り組んでいる画像、共演者たちのインタビューが流れながら映画は進んでいきました。 そこに映る彼女には心ときめく山口小夜子を発見できませんでした。 彼女自身の頑張りはわかります、しかし表現者(芸術家)としてまだまだだったのでしょうか。画廊のマダムの言っていた事がわかった気がしました。

一度頂点を極めてしまった人のその後は辛い・・・・ しかし、彼女が山口小夜子という素晴らしい世界を見せてくれた事は事実です。

ありがとう、山口小夜子さん。