読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

React.js + Photon.css + Webpack で Electronのサンプルアプリを作ってみた

React.js + Photon.css + Webpack で Electronのサンプルアプリを作ってた時のメモです。

f:id:yuum3:20160523105315p:plain

開発環境

まず、以前書いた サーバーサイドプログラマーのためのReact.js 入門 2. 開発環境の構築の続き のように React.js の開発が出来る環境を準備します。

追加するのは electron-prebuiltMac OS X風なUIが作れる Photon を追加するのみです。

npm install photon で入る Photon は違うものなので注意して下さい。

  • インストール
$ npm install --save react react-dom
$ npm install --save-dev babel-loader babel-preset-es2015 babel-preset-react
$ npm install --save-dev eslint eslint-loader eslint-plugin-react babel
$ npm install --save-dev css-loader style-loader
$ npm install --save isomorphic-fetch
$ npm install -g webpack

$ npm install --save-dev electron-prebuilt
$ npm install --save https://github.com/connors/photon
$ npm install --save-dev url-loader file-loader
  • webpack.config.js は
module.exports = {
  entry: {
    "app": "./src/js/index.js",
  },
  output: {
    path: './build/',
    filename: "[name].js"
  },
  module: {
    preLoaders: [{
      test: /\.js$/,
      exclude: /node_modules/,
      loader: "eslint-loader"
    }],
    loaders: [{
      test: /\.css$/,
      loader: "style!css"
    }, {
      test: /\.js$/,
      exclude: /node_modules/,
      loader: 'babel-loader'
    }, {
      test: /\.(eot|woff|woff2|ttf|svg|png|jpg)$/,
      loader: 'url-loader?limit=30000&name=[name]-[hash].[ext]'
    }]
  },
  resolve: {
    extensions: ['', '.js', '.css']
  },
  eslint: {
    configFile: './.eslintrc'
  }
};
  • package.js に以下の設定を追加(変更)します
  "scripts": {
    "start": "electron main.js"
  },
  • main.js は ElectronのQuick Start からコピーし windowサイズを変更します

  • index.html は photon 用の class を指定しましたが、良くある React.js 用の index.html です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>じゃんけん ポン!</title>
  <meta charset="utf-8">
</head>
<body>
 <div id="example" class=window"></div>
  <script type="text/javascript" src="build/app.js" charset="utf-8"></script>
</body>
</html>
  • src/js/index.js は通常の React.js のコードです photonを使うために import 'photon/dist/css/photon.css' を追加したくらいです。

開発コマンド

Electron の開発は electron コマンドを起動する アプリのウィンドウが起動され、リロード(⌘+R) でコードが再ロードされるので開発できます。ただし electron コマンド は動き続けるので バックグラウンドで起動しました。

$ nam start &
$ webpack -d -w

今回つくったサンプルアプリ

React.js紹介セミナー 用に作ったサンプルコードは 私のGitHub を clone し electron ブランチです。 他のブランチには React Native 等のコードもあります ^^)