墓頭(ボズ)

墓頭を読みました。内容はAmazonの内容紹介にあるようにドキドキしながら一気に読みたくなる小説です。 1955年。頭に、双子の片割れの死体が埋まったこぶを持って生まれ、周りの人間を次々と死に追いやる宿命を背負った男―ボズ。異能の子供ばかりを集めた福…

「はじめてのiPhone/iPadアプリ開発」の iOS7/Xcode5対応サンプルコードとサポートページを公開しました

今年3月に出版されたiPhone/iPadアプリ開発の書籍 はじめてのiPhone/iPadアプリ開発―iOS6/Xcode4対応版 (TECHNICAL MASTER) のiOS7/Xcode5に対応したサンプルコード と サポートページ を公開しました!はじめてのiPhone/iPadアプリ開発―iOS6/Xcode4対応版 (…

ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

休暇中に読みました。この本は、言語学者でありプロテスタントの宣教師であった著者が布教の為にアマゾン奥深くに住む少数民族ピダハンの言葉を学ぶために彼らの村に暮らした記録と、著者が彼らの言語や文化を学ぶことで著者自身の人生が変わってしまう物語…

SQLアンチパターン

楽しく読める本です。そして、とても実用的です!SQLアンチパターン作者: Bill Karwin,和田卓人(監訳),和田省二(監訳),児島修出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2013/01/26メディア: 大型本購入: 9人 クリック: 698回この商品を含むブログ (38件) …

「iPhoneアプリ設計の極意」は良いiPhoneアプリを作りたいと思っている人の必読書!

iPhoneアプリ設計の極意 ―思わずタップしたくなるアプリのデザイン は良いiPhoneアプリを作りたいと思っている デザイナー、プログラマー、プロデューサーの必読書です! 内容や感想はたくさん書かれているので、ここではここでは、この本の使い方を書きます…

「世界史の誕生とイスラーム」は素晴らしいイスラム・アラブの入門書では

最近、週3日間は通勤してるので本が読めます^^)世界史の誕生とイスラーム作者: 宮崎正勝出版社/メーカー: 原書房発売日: 2009/03/17メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 24回この商品を含むブログ (6件) を見る第一章の始まりに、 現在は、「歴史の復権の時…

たまには開発者もネットの勉強をしよう「ウェブ×ソーシャル×アメリカ」

あのスティーブ・ジョブズの感動スピーチ の最後で語られる"Stay hungry, Stay foolish" の話に出てくる The Whole Earth Catalogue に付いて私はぼんやりとしたイメージしか持っていませんでしたが、それが1970年代、ジョブスだけでなく当時のカウンターカ…

「iOS開発におけるパターンによるオートマティズム」2冊目に読むべき良書!

この本はiOSアプリ設計・実装の方法論を正面から扱った良書です。iOSアプリの入門書を読んだけど実際のアプリを作るのに悩んでいる開発者、とりあえず勢いで一つ目のアプリをリリースしたけど、その設計は良かったのだろうかと自信のない開発者には是非読ん…

「売れるiPhoneアプリの法則」日頃の開発に不満を持っている若い開発者にこそ読んでもらいたい、そして感化されて新しい開発者人生を踏み出してほしい

売れるiPhoneアプリの法則作者: 藤永真至出版社/メーカー: 秀和システム発売日: 2011/03メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 101回この商品を含むブログ (4件) を見るこの本は、売れるiPhoneアプリに付いてのノウハウ本です。ただし著者は、ライターや評論…

アースダイバー

私は東京が大好きです。大都市としても利便性や匿名性だけでなく、何か言葉に出来ない魅力を持っています。その言葉に言えなかった魅力の一部をこの本は語ってくれます。アースダイバー作者: 中沢新一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/06/01メディア: 単…

全てのプログラマーに読んでほしい 「プログラマが知るべき97のこと」

やっとプログラムが書けるようになってきた人から、3年、10年とプログラミングしているベテランプログラマーまで、全てのプログラマーに一度読んでほしい本です。プログラマが知るべき97のこと作者: 和田卓人,Kevlin Henney,夏目大出版社/メーカー: オライリ…

「iOS SDK Hacks」は中級者以上を対象とした本だが、プロの開発者なら初心者でも買うべき

この本は入門書ではなく、まえがきにも『「入門者やAppleのサンプルコードを使って、いくつかシンプルなアプリケーションを作ることができるようになったが、さらにアプリケーションを高速化、最適化、高機能化させたい」という中級者以上のiPhoneプログラマ…

プログラミングHaskell は 超お薦め!

この本は、Haskell の入門書として、超お薦めです。 「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、従来のHaskell入門書というか、言語の入門書は 「木」の解説ばかりで、「森」を見失っていたのではないかと思います。今まで何冊ものHaskell入門書を読みな…

パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

夏休みの旅行中に読みました。私たちの関わるソフトウェアの世界にこんな素敵な地下水脈があった事を教えてくれる歴史読み物です。この秋にはぜひ読んでみたい一冊です。 パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)作者: 江渡浩…

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

やや難しい内容ですが、今または将来に設計するRuby on Railsのシステムが、長く使われ、その間に成長していくと予想できるばあいは必ず読むべき本です。エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術作者: Dan Chak,高井直人,笹井…

4Gbpsを超えるWebサービス構築術

サービスよりの情報がまとまって読めるは本当に素晴らしいです!自分の作ったサービスが流行ってきて、アクセス過多で困ってるような人。仕事で作っているサービスが将来は大きくなる予定の方など(^^) は必読だと思います。 4Gbpsを超えるWebサービス構築術…

「場回し」の技術 (光文社ペーパーバックスBusiness)

「場回し」の技術 (光文社ペーパーバックスBusiness)作者: 高橋学出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/07/18メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 6人 クリック: 10回この商品を含むブログ (5件) を見る 書評に誘われて買ってみましたが少しがっかり、一…

プロになりたいと思っているプログラマーは読むべき本 -- まつもとゆきひろ コードの世界?スーパー・プログラマになる14の思考法

表紙はご本人も書かれているように持って歩くには少し恥ずかしいですが・・・ Rubyistはもちろん、Rubyと関係ない人でも、プロを目指してるプログラマーは読むべき一冊だと思う。まつもとゆきひろ コードの世界?スーパー・プログラマになる14の思考法作者: …

WEB+DB PRESS Vol.50のGit特集は素晴らしい!

WEB+DB PRESS Vol.50のGit記事 「はじめての Git」は素晴らしいです。まだ日本語で読める Gitの書籍が無い今、この特集の為だけでも ¥1,480 出す価値があります (もちろん他の記事もいいです)。 WEB+DB PRESS Vol.50作者: 杉山貴章,羽生章洋,川口耕介,青木…

Ruby on Railsで一通り開発できるようになったら読んでほしい「 プログラミング言語 Ruby 」

プログラミング言語 Ruby作者: まつもとゆきひろ,David Flanagan,卜部昌平(監訳),長尾高弘出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2009/01/26メディア: 大型本購入: 21人 クリック: 356回この商品を含むブログ (123件) を見るJavaやPHPの世界から、Ruby…

Railsデプロイ

CapistranoやMongrelについて、まとっまた情報が日本語で得られる良書です。Railsデプロイ作者: Ezra Zygmuntowicz,Bruce A. Tate,Clinton Begin,前田修吾(監訳),橋本将(監訳),小倉正充(監訳),牧野聡出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2009/03/16…

良いコードを書くには? 「書きあぐねている人のための小説入門」

ラジオの書評番組を聞いていて面白そうだと買ってしまいました。第一章を読んでいてこれは小説の書き方だけでなくプログラムの書き方、というか、良いコードを書く事と重なっていると感じました。書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)作者: 保坂和…

初めてのRuby

やっと読みました。 楽しい本です!初めてのRuby作者: Yugui出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2008/06/26メディア: 大型本購入: 27人 クリック: 644回この商品を含むブログ (251件) を見る前書きにも書かれているように、この本は既に他のプログ…

生まれて初めて本に名前が載る

プログラミングGauche作者: Kahuaプロジェクト,川合史朗出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2008/03/14メディア: 大型本購入: 22人 クリック: 713回この商品を含むブログ (272件) を見る の前書きの謝辞に 私の名前が出てます !!! 人生初 !!!

プログラミングGauche Amazonからも買えるようになりました

プログラミングGauche作者: Kahuaプロジェクト,川合史朗出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2008/03/14メディア: 大型本購入: 22人 クリック: 713回この商品を含むブログ (272件) を見る

プログラマー現役続行 (技評SE新書)

プログラマー現役続行 (技評SE新書)作者: 柴田芳樹出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2007/09メディア: 新書購入: 8人 クリック: 84回この商品を含むブログ (43件) を見る教育の仕事をしている、私にはいくつもの示唆に富んだ本でした。 気になった、キー…

プログラミングRuby 第2版 言語編

プログラミングRuby 第2版 言語編作者: Dave Thomas,Chad Fowler,Andy Hunt,田和勝,まつもとゆきひろ出版社/メーカー: オーム社発売日: 2006/08/26メディア: 大型本購入: 7人 クリック: 270回この商品を含むブログ (152件) を見るだいぶ前に買ったのですが、…

オタクで女の子な国のモノづくり (講談社BIZ)

オタクで女の子な国のモノづくり (講談社BIZ)作者: 川口盛之助出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/07/18メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 294回この商品を含むブログ (31件) を見るDanさんのBlog で知り読んでみました。 おもしろい! 欧米に追いつけ…

iPodは何を変えたのか?

iPodは何を変えたのか?作者: スティーブン・レヴィ,上浦倫人出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ発売日: 2007/03/29メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 239回この商品を含むブログ (65件) を見るオブジェクト倶楽部のイベントで頂きました。あり…

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)作者: 西村博之出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2007/06/29メディア: 新書購入: 18人 クリック: 338回この商品を含むブログ (335件) を見る『ウェブ進化論』 シリーズへのカウンター本として期待して買ってみた…

モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~ (マイコミ新書)

モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~ (マイコミ新書)作者: 石野純也出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2007/06/19メディア: 新書購入: 5人 クリック: 243回この商品を含むブログ (86件)…

プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]

プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]作者: 高橋麻奈出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2007/05/16メディア: 新書購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (10件) を見る …

JavaからRubyへ ―マネージャのための実践移行ガイド 4章 〜 9章

JavaからRubyへ ―マネージャのための実践移行ガイド作者: Bruce A. Tate,角谷信太郎出版社/メーカー: オライリー・ジャパン発売日: 2007/04/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 53回この商品を含むブログ (119件) を見る先ほど、読み終…

JavaからRubyへ ―マネージャのための実践移行ガイド 1章 〜 3章

JavaからRubyへ ―マネージャのための実践移行ガイド作者: Bruce A. Tate,角谷信太郎出版社/メーカー: オライリー・ジャパン発売日: 2007/04/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 53回この商品を含むブログ (119件) を見る昨晩 Amazon か…

On Lisp(4)

第5章 返り値としての関数 関数に関数を渡す事(高階関数)で可能になるいろいろな例やテクニック 第6章 表現としての関数 柔軟なソフトを作る為にデータとそれを解釈して動くプログラム(関数)を書きますが、クロージャを使うとデータを関数内に保存してしまい…

On Lisp (3)

今日も4章の残り読みました。Slimeをインストールしたので、写経の効率はUPしたのですが例題には難しものが少しずつ増えてきたような・・・図4.2、 図4.3 は末尾再帰で書いた煩雑なコードなので P.396にあるシンプルな定義のもので理解してから、再度 図4…

On Lisp (2)

今日は3、4章を読む。 3.1 関数型のデザイン: 副作用をなくす。これ重要 3.2 命令型プログラミングの裏返し: 命令型から関数型への変換。昔々Lispを少しやったせいか、こういのは得意かも ^^) 3.3 関数型インタフェース: 「関数型インタフェース」とい…

On Lisp (1)

On Lisp作者: ポールグレアム,野田開,Paul Graham出版社/メーカー: オーム社発売日: 2007/03メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 146回この商品を含むブログ (127件) を見る今朝届きました。 前書き: 「この本はLispプログラマとして成長を望むすべての人…

オープンソースがなぜビジネスになるのか (MYCOM新書) 第一章

本のタイトルとは関係なく、第一章の リチャドストールマン の物語は、とても興味深く読めました。 ストールマンというと、昔Unixのイベント等で、長髪、髭もじゃで小柄の仙人のような彼を見かけました。 Emacs好きの私としては、 あの人がストールマンか! …

いちばんやさしい オブジェクト指向の本 (技評SE新書 007)

いちばんやさしい オブジェクト指向の本 (技評SE新書 007)作者: 井上樹出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2007/01/19メディア: 新書購入: 2人 クリック: 57回この商品を含むブログ (38件) を見るこの本だけで初心者のオブジェクト指向が理解できるほど、甘…

来ました! 入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語

大学の卒研でLispの処理系を作った時(作ったというと誇大表現ですね、ポーティングと機能拡張)、処理系はアセンブラーで書かれているので動くようになったのですが、テスト用の Lisp コードが書けない ^^;こんな言語でどうやって、プログラムするの?? と …