読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gauche作者、川合さんが Gauche に付いて語る

Gauche

Gauche作者、川合さんが Gauche自身について語っているビデオを公開されています。グーグル株式会社で行われた講演だそうです。


内容
  • なぜ Gauche を作ったのか
  • Gauche実装に付いて、どういう選択を行ったか
  • Gauche の今後 など
感想

なぜ川合さんが Gaucheを作ったのかは、Blog 、書籍、トーク等で断片的に知っていましたが、まとまっているのは初めてです。 Gaucheを最近しった方は是非見てみて下さい。


Gaucheの実装に関しては、言語処理系に興味のある人、作った事のある人には 興味のある内容だと思います。
なかで Tcl の話をされてました。Tclはメインの機能はC言語で書き、それら繋ぐ為のマクロのような言語に割り切った設計になっています。しかがって、なにか問題が起きたときC言語、Tcl という2つの言語を相手にする必要があり大変。1つの言語で上から、下まで開発できるようにしたっかった・・・・

という話を聞いて昔した会社で3番目に作った CAD が Tcl/Tk をベースにして開発していたのを思い出しました。コアな図形データ、回路データを扱う部分のみ C言語で実装し、フレームワーク、アプリケーション等は全て Tcl で書かれていました。私はそのプロジェクトには少ししか関わらなかったのですが、Tclの速度や Tcl の言語としての抽象化能力の低さで開発の後半では大変な事になっていました。