読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロになりたいと思っているプログラマーは読むべき本 -- まつもとゆきひろ コードの世界?スーパー・プログラマになる14の思考法

Ruby

表紙はご本人も書かれているように持って歩くには少し恥ずかしいですが・・・
Rubyistはもちろん、Rubyと関係ない人でも、プロを目指してるプログラマーは読むべき一冊だと思う。

まつもとゆきひろ コードの世界?スーパー・プログラマになる14の思考法

まつもとゆきひろ コードの世界?スーパー・プログラマになる14の思考法

内容はソフトウェアの雑学という感じで、雑誌の掲載を集めたものなので1つ1つの話が適度な長さでとても読みやすいので通勤時間とかに気分転換に読むのに向いると思います。
しかし、その内容はプログラマーとしては(詳しくなくとも)知っておく必要があるものばかりです。歴史的な経緯とか今の若いプログラマーには知らない事も書かれているのもいいですね。

Ruby言語の設計者・実装者、また自他共に認める言語オタとしてのまつもとさん(Matz)の見識にそこかしこで触れられるのも、たんなるライターの書いた本とは違い素晴らしい点です。

今まで意識した事はなかったのですが、Matz はこういった文章を書く才能もあるのではないでしょうか?
Rubyコミニュティーにみんなが引き寄せられるのは Ruby言語の素晴らしさ以外にMatzの魅力に付いて語られる事よくがあります。プログラミングへの愛情をベースにある種の思念と適度な柔らかさは Ruby にも通じるものかも・・・・