読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

やや難しい内容ですが、今または将来に設計するRuby on Railsのシステムが、長く使われ、その間に成長していくと予想できるばあいは必ず読むべき本です。

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

エンタープライズ Rails ―企業ユーザのためのWebアプリケーション設計術

この本では「エンタプライズ」と呼ばれるような領域・・・ 長く使われ、その間に成長し、大量のデータが蓄積されていくシステムを、Ruby on Railsで構築するさいに考慮しなければならない事に付いて、サンプルコードを交え解説しています。

さらに、 そのアプローチはRuby on Railsでよく語られているシンプルなルールとは逆の、強固なシステム(それがエンタプライズ?)作りの方向からデータベース設計や、SOAを語っています。


たとえば、8章ではRailsでは避けている、複合キーの優位性に付いて語っています。また4,5章ではデータベースが持っている、検査制約、参照制約などを使い、たとえプログラムにバグがあってもデータベースの整合性が保たれるようにすべきだと語っています。

この本で語られている事は、Ruby on Railsのレールからは外れる部分もあり、Ruby on Railsの良さを活かせなくなるかもしれませんが、エンタプライズ領域で長年培われてきたこれらの技術・手法は、システム拡張性を高めたり、大量のデータの整合性を保ったりできるメリットがあり、学ぶ価値が充分にあります。とくにWebアプリの中で育ってきたエンジニアは学ぶべき本だと思います。