読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redmineをバージョン 2.0 に上げてみた

サーバー管理 Ruby

Redmine 2.0.0 がリリースされてから時間が経ってしまいましたが、今まで使っていた 1.0.2 を 最新の 2.0.3 にアップデートしてみました。


インストール

アップデートの手順は、Redmine 2.0.3 をインストールし、1.0.2 から DB と添付ファイルをコピーすることにしました。

Redmine 2.0.3 のインストール
% wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76259/redmine-2.0.3.tar.gz
% tar xzf redmine-2.0.3.tar.gz
% ln -s redmine-2.0.3 redmin
% cd redmin
rvm を設定

Redmine 2.0 は Ruby 1.9.3 が使えます!! Rails も 3.2.6 です。

rvm 1.9.3@rails3.2
Gemインストール(bundle)

Gem のインストールは bundle で簡単。ただしデフォルトの Gemfile には MySQL,PostgreSQLなども書かれていますので不要なものは コメントアウトします。

LDAPOpenIDも使わないのですが、インストールしないとサーバーが起動しませんでした・・・・

今回の Gemfile

source 'http://rubygems.org'

gem 'rails', '3.2.6'
gem 'prototype-rails', '3.2.1'
gem "i18n", "~> 0.6.0"
gem "coderay", "~> 1.0.6"
gem "fastercsv", "~> 1.5.0", :platforms => [:mri_18, :mingw_18, :jruby]
gem "builder"

# Optional gem for LDAP authentication
group :ldap do
  gem "net-ldap", "~> 0.3.1"
end

# Optional gem for OpenID authentication
group :openid do
  gem "ruby-openid", "~> 2.1.4", :require => "openid"
  gem "rack-openid"
end

# Optional gem for exporting the gantt to a PNG file, not supported with jruby
#platforms :mri, :mingw do
#  group :rmagick do
#    # RMagick 2 supports ruby 1.9
#    # RMagick 1 would be fine for ruby 1.8 but Bundler does not support
#    # different requirements for the same gem on different platforms
#    gem "rmagick", ">= 2.0.0"
#  end
#end

# Database gems
platforms :mri, :mingw do
#  group :postgresql do
#    gem "pg", ">= 0.11.0"
#  end

  group :sqlite do
    gem "sqlite3"
  end
end

platforms :mri_18, :mingw_18 do
#  group :mysql do
#    gem "mysql"
#  end
end
platforms :mri_19, :mingw_19 do
#  group :mysql do
#    gem "mysql2", "~> 0.3.11"
#  end
end

#platforms :jruby do
#  gem "jruby-openssl"

#  group :mysql do
#    gem "activerecord-jdbcmysql-adapter"
#  end

#  group :postgresql do
#    gem "activerecord-jdbcpostgresql-adapter"
#  end

#  group :sqlite do
#    gem "activerecord-jdbcsqlite3-adapter"
#  end
#end

group :development do
  gem "rdoc", ">= 2.4.2"
  gem "yard"
end

group :test do
  gem "shoulda", "~> 2.11"
  gem "mocha"
end

local_gemfile = File.join(File.dirname(__FILE__), "Gemfile.local")
if File.exists?(local_gemfile)
  puts "Loading Gemfile.local ..." if $DEBUG # `ruby -d` or `bundle -v`
  instance_eval File.read(local_gemfile)
end

# Load plugins' Gemfiles
Dir.glob File.expand_path("../plugins/*/Gemfile", __FILE__) do |file|
  puts "Loading #{file} ..." if $DEBUG # `ruby -d` or `bundle -v`
  instance_eval File.read(file)
end
% bundle install
DB、添付ファイルの移行

Redmine 1.0.2 から DB、添付ファイル をコピー

cp ../redmine-1.0.2/config/database.yml config/
cp ../redmine-1.0.2/db/redmine.db db
cp ../redmine-1.0.2/files/* files/

config/database.yml の形式が変わっていました

vi config/database.yml
production:
  adapter: sqlite3
  database: db/redmine.db
  timeout: 5000
migration, 設定
% RAILS_ENV=production rake db:migrate
% rake tmp:create 
% rake generate_secret_token
確認

Rails内蔵サーバーで動作を確認

rails s -e production
Unicorn の設定

設定ファイルをコピーし、rvm wrapper を作成

cp ../redmine-1.0.2/config/unicorn.conf config
rvm wrapper 1.9.3@rails3.2 redmine unicorn_rails

前回作った /etc/init.d/redmine_unicorn start redmine が起動できました。

Redmine 2.0 にすると何が嬉しいか?

@yusuke_kokubo さんの指摘 で、不勉強に気づき、不適切な部分を変更しました。 指摘ありがとうございます!

現在の Redmine 2.0は機能的には機能的には Redmine 1.4 と同じで、 Redmine 1.0.2 と比べると機能は増えています。 現在のところ Redmine 1.4 でも最新の機能は使えます 。 ちなみに Redmine 1.4 は Rails2.3 ベースです。

Redmine 2.0 は Rails3.2 ベースになったので、 メモリー使用量が増えます、またサーバー起動時間がかかります(私の環境ではメモリー使用量に関しては Redmine 1.0.2 が 173Mbyte なのに Redmine 2.0.3 は 202Mbyte に上がりました)。

現時点ででの Redmine 2.0 のメリットは、正式にサポートされている Rails3.2 ベースの安心感でしょうか? サーバーの環境等で2.0にアップデート出来ない場合も 1.4 にはしておいた方が良いですね。

テーマ を変えてみた

Redmine 2.0 に変えても変化が無くてつまらないので、テーマ(見かけ)を変えてみました。一番上にある画像は、一見 Redmine にみえないでしょ!

実はテーマが変えられる事を、今まで知らなかったのですが今回、いろいろと調べていて知りました。 Redmineのサイトに テーマの一覧 があります。たくさんあるのですが、どんな画面になるのかはリンク先に行かないと判らないので、先頭にあった A1 を入れてみました。インストール方法は ここ に書かれています。

% cd /tmp
% wget http://redminecrm.com/projects/a1theme/products/1279
% mv 1279 a1-1_0_3.tgz
% tar xvzf a1-1_0_3.tgz
% cd  XXXXXX/redmine-2.0.3
% mv /tmp/a1 public/themes/

Redmine の 管理→設定→表示(タブ)のテーマでA1を選択し保存ボタンを押す。
これでテーマが変更できます、気分も Redmine2.0 になりました。


今日の結論: 見かけ重要