読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

React Nativeアプリを別のMacで動かそうとしてハマった メモ

あるセミナー向けに作った、React Nativeアプリを別のMacで git clone して実行しようとしたら 下の画像のエラーが出て解決まで時間がかったのでメモしておきます。

f:id:yuum3:20160523142141p:plain

React Native 開発環境の構築

React NativeのGetting Startedにある手順で

$ npm install -g react-native-cli
$ brew install watchman
$ brew install flow

インストールされた react-nativeコマンドでプロジェクトを作成

$ react-native init react_native

ボタンやTabBarのアイコンが使いたかったので、以下をインストール。 react-native-vector-icons をプロジェクトに設定するにのrnpm (React Native Package Manager) を利用

$ npm install --save react-native-button
# npm install --save react-native-vector-icons 

$ npm install rnpm -g
$ rnpm link

ここで react-native run-ios を実行すると、iOS用コードのコンパイルや別ウインドーに React packager が起動され、しばらくすると iOS Simulator が起動されるます。 後は index.ios.js を修正し、 iOS Simulator で⌘+R でリロードする事で開発が進められます。完成したものを GitHubに置きました。

Macでの作業

別のMac で git clone し

$ npm install -g react-native-cli
$ brew install watchman
$ brew install flow

$ nam install
$ react-native run-ios

iOS Simulator が起動されるのですが、上のような赤い画面が表示されました

画面に書かれている issue を眺め

  1. watchman watch-del-all
  2. rm -rf node_modules && nam install
  3. rm -rf $TMPDIR/react-packager-*

を実行しても同じ・・・・

落ち着いてターミナルを見ると

npm WARN react-native@0.26.1 requires a peer of react@15.0.2 but none was installed.

通常この手のワーニングが出っていても動く事が多いのですが、調べてみると react@15.1.0 がインストールされていました。そこで

$ npm uninstall --save react@15.1.0
$  npm install --save react@15.0.2

したところ、ワーニングは消え、

iOS Simulator で無事にアプリが起動されました ^^)/

このサンプルアプリは 私のGitHub react-native ブランチにあります。